• crecerpiano

【江東区の音楽教室】効率UP!テンポ一定の安定感ある演奏へ。

みなさん、こんにちは。

江東区大島のCRECER(クレセール)ピアノ教室です。


お子様の練習でよくある「壁」にぶつかった時の対処法についてお話ししたいと思います。


先日「同じところを何度も間違える」についてお伝えしました。

今日は「テンポ一定」の大切さとどうやったらテンポが守れるようになるのか?を考えてみます。


メトロノームはテンポの安定に欠かせません

弾けるところは早く弾き、苦手なところはゆっくりになる演奏、先生にご注意を受けたりしていませんか?


実は、お子様の多くは「なんでいけないの?楽譜通り弾いてるのに」とテンポが安定していない演奏が根本的にマズいことであると理解していません。

(お父様、お母様にもいらっしゃいます)


テンポが不安定な演奏がなぜマズいのでしょうか??


・聴いている方にも不安を与えます。

・テンポが不安定な演奏は「また聴きたい」と思われません。

・テンポが不安定な演奏は練習不足を露呈しています。


上記のことから、早めにテンポが不安定な演奏から脱却しなければなりません。



テンポを一定に保つための練習法は


チェックポイント① メトロノームと合わせて弾く


気をつけなければならないのは、メトロノームと一緒に練習していないお子様は

正しいリズムと合わせることが出来ないので大変嫌がる。ということです。


この「嫌がり」をぐっと堪えて合わせなければなりません。

メトロノームに合わせられない=正しいテンポで弾けないという残念な状況を助長しかねません。


そのためには、確実に合わせられるゆっくりなテンポで慣らすこと。

それが出来なければ、ピアノから離れてメトロノームと手拍子で曲のリズム叩きをすることから始めます。


この2点ができれば、数日でメトロノームに合わせて演奏することが出来ます。

そして演奏の完成度が格段にUPします。


慣れるまでの数日の我慢です!!お母様・お父様、頑張ってください!!!!!


<注意>

お子様の成長が進めば進むほどメトロノームに合わせる練習は嫌がります。

ハッ!とお感じななりましたら、今からすぐにやりましょう。


チェックポイント② できないところの部分練習が足りていない


テンポを落とさないと弾けない!には原因があります。


代表的な原因は下記が挙げられます。

指の動きが不十分→繰り返し練習が効果的

リズムが分かっていない→メトロノームに合わせてリズム叩きでおさらいする

音符が読めていない→ドレミを確認し何度も歌って覚えてしまう

右手と左手のタイミングが合わない→片手ずつメトロノームに合うまで練習。


これらを「毎日30回!」などを決めて毎日取り組むと、見違えるほど成長します。

(できない場合は、回数不足とテンポが早すぎることが多いです)


チェックポイント③ 自分の演奏を録画して確認する。


ご自分の演奏がテンポ不安定であると認識することが大事です。

お子様も上手な演奏と、そうでない演奏の差はわかりますので(笑)自分の演奏にダメ出しすることは自分の改善点を見つけ出す第一歩となります。


演奏を聴きながら、メトロノームと合わせてみると

・ここまでは合ってるね!

・ここからズレてる。部分練習はここからここまでやってみよう!

・この二分音符、長さが足りないからメトロノームとズレちゃうね。もうちょっと伸ばそう

様々な課題点が見つかるはずです。




コンクールとなると、テンポの不安定さは大きく印象を左右し(=減点)、まず合格することは無いでしょう。

弾けているから良い。では自己満足の演奏で成長が止まってしまいます。


課題点の洗い出しは大人もイヤですが(笑)、お子様ももちろん嫌います。

しかし、課題点が見つからなければ上手になりようがありません。


少し練習が辛いと感じることもあると思いますが、テンポの安定はきっと先生に褒められることと思います。ゆっくり、少しずつ、早めに取り組むことが大切です。

絶対音感、ピアノコンクール、小学校受験なら江東区 ピアノ教室 CRECERピアノ教室

​crecer.piano@gmail.com

 

(C)2018-2022 CRECER PIANO LESSONS. All rights reserved.