• crecerpiano

お父さん出番ですよ!遊びながらピアノの脱力トレーニング


みなさん、こんにちは。

東京都江東区のCRECER(クレセール)ピアノ教室です。

「脱力しないと!」

「力抜いて〜」

「力まない!」

「鍵盤を押し込まない」

など、先生からご注意を受けたご経験はありませんか?

家でもおっしゃっていませんか??

はい。今日は「脱力」のお話です。

子どもからしてみたら

力抜いたらピアノ弾けないじゃん!

一体いつ力抜くの?

と、幼少期の子どもには残念ながら「脱力」のイメージはできません。親ですら分かりにくいものです。

どうやったらうまく生徒さんに伝わるだろうか。。。

と日々考えておりましたが、ゲラゲラ笑い遊びながら脱力イメージをつけられるおもちゃを発見しました!

はいコチラ!


え?これ?

はい。コレです(笑)

やり方は、打つ瞬間だけ力を入れてすぐに抜く。これだけです。

ただ、遊び方は一工夫してください。

それは「連打しない」です。

連打の脱力はレベルが高いので、お子様には一打一打力を抜くことから覚える方が

取り掛かりやすく、何しろ楽しめます(コレすごく大事!)

脱力ができていないと、力を入れ続けてしまうため次の指の動きがスムーズにいかず、

次の攻撃にすぐに移ることができません。

しかも!脱力ができていないと、力で押し込めている状態なので、長時間遊べません(=短時間でピアノも疲れてしまう)。

さらに!!脱力ができていないと、お父さん・お母さんに勝てません(ご本人悔しい)。

また、お父さんも(ポカポンゲームで)脱力指導できる画期的なトレーニングになります。

さらに、自宅でのピアノ練習が煮詰まった時に「ゲームで気分転換しようか!」と親子ともにリフレッシュできます。

音を出しづらい4番と5番のトレーニングにもなります(笑)。

(薬指の親子対決も見ものです!)

いかがですか??

ちょっとやってみたくなりますよね😎。

この様に、力の出し方と遊びが直結すると、子どもたちの興味を弾くことができ

練習の質がグーンと上がることがあります。

この様な発見💡をまた発信いたしますね!

>CRECER生徒のみなさん

お教室にも完備しておりますので、どうぞ待ち時間にやってみてください💕


絶対音感、ピアノコンクール、小学校受験なら江東区 ピアノ教室 CRECERピアノ教室

​crecer.piano@gmail.com

 

(C)2018-2022 CRECER PIANO LESSONS. All rights reserved.