• crecerpiano

一工夫で「音の伸び」を変える技


みなさん、こんにちは。

江東区大島のCRECER(クレセール)ピアノ教室です。


今日は、案外あっさり解決してしまう一工夫について。です。

それは、姿勢。

案外大丈夫!と思っていても、意外にできている方は少ないのが現状。

そしてなぜ姿勢が重視されるのかを、案外ご存知ない方が多いのも現状です。

一瞬は正せますが、時間が立つにつれ悪くなってしまうのも姿勢です。

正しい姿勢は、体の力をスムーズに伝えるためにとるのです。それは良い音につながります。

正しい姿勢で演奏すれば、無駄な力が一切削ぎ落とされ、頭の中で描いた音が出るようになります。

正しい姿勢で演奏すれば、小さなお子様でも大人顔負けの体格差を超えた音圧・音量を出せるようになります。

いいことずくめ!!

現在、ピティナ・ピアノコンペティション(コンクール)が全国各地で繰り広げられていますが、コンクール会場内で「お上手!」「なんて素敵な音!」と思うお子さんは姿勢からきちんとお勉強されていることが多く、全国決勝大会に進出されるお子様は全員が正しい姿勢で演奏していると言っても過言ではありません。

では、その「姿勢」のチェックポイントを見て見ましょう。

①足が足台や床に安定的に乗っていること。

ピアノは体の力を指先に伝えて演奏します。

足がブラブラしていたり、床にそもそも着いていない!!なーんて事はありませんか?

床に足がついていない方は、すぐに足台(雑誌を積み重ねるだけでもOK)をご用意してください。ハイチェアに足が付かずに長時間座っていられますか?大人でも無理です。

そんな状態では集中できるはずもなく、特に子ども達はピアノの練習が嫌いになります。

②床と腕が並行になる高さに椅子を調整する。

腕が上がりすぎる=椅子が高すぎると、上から押さえつけた状態でピアノを弾く事となり、音が割れたり、乱暴な演奏につながり「もう一度聞いてみたい!」と思う演奏にはなりません。

また、速い曲に対応できず、子ども達が気持ちよく演奏できる状態ではありません。

腕が下がりすぎる=椅子が低いと、手首が鍵盤の下まで下がることとなり、鍵盤にぶら下がっているような状態になります。

残念ですが、この高さでは手首の回転ができないため、指を目一杯広げて演奏せざるを得なくなり、疲れる→うまく届かない→間違える→怒られる→嫌になるの負のスパイラルへの第一歩を踏み出すことになります。

③背筋を伸ばし骨盤で体を支えていること。

猫背では、体の力を指に伝える事はできず、体から100の力が出ていても、腕には60ほどしか伝わりません。100の力を出すために、腕に余分な力を込めることとなります。

なんてもったいない!!!!

どうせ弾くなら、楽に美しく長く弾きたいですよね。

たった3ポイントを押さえるだけで、ピアノの音は劇的に変化します。

いかがですか?

できそうな気になってきましたでしょう?笑


絶対音感、ピアノコンクール、小学校受験なら江東区 ピアノ教室 CRECERピアノ教室

​crecer.piano@gmail.com

 

(C)2018-2022 CRECER PIANO LESSONS. All rights reserved.