• crecerpiano

ピアノやってて良かった💕と感じる時(未就学児編)


みなさん、こんにちは。

江東区大島のCRECER(クレセール)ピアノ教室です。


ピアノを始める年齢は少しずつ低年齢化してきておりますが、一番お問い合わせが多い年代が3歳〜4歳です。

3歳〜4歳のお子様がピアノを始めて1年ほど経過すると左手は伴奏・右手はメロディといった両手奏ができるようになります。

すると、お子様の日常に少しずつ変化が訪れます。

・どこでもピアノを弾く仕草が見られる

・体でカウントを取るようになる

・幼稚園や保育園での合奏の際、指揮からずれない。

・幼稚園や保育園での合奏の際、太鼓や木琴などの楽器に興味をもち、オーディションへのモチベーションが高まる。

・幼稚園や保育園での合唱の際、音の長さをきっちり守って歌えるようになる。

・テレビなどでオーケストラやピアニストの演奏が放送されていると、集中して見る。

・クラシック音楽をかけていても苦にならない。

お子様によって様々ですが、音楽にまつわる特徴的な仕草や成果が出てきます。

こうした変化や成長が見られた時、我々保護者としてとても嬉しく感じることが多く

「ピアノやってて良かった〜」

と思う方が多いのではないでしょうか。

お写真は、年中さん男子のR君。

ご旅行先のプールで「エアピアノ」をしている可愛らしい姿をお母様がキャッチされました☺️(お母様、素敵!!)

最近はよく生活の中で見られるようで、ピアノを好きではないと見られない行動です。

頭の中に音楽が流れ、指先の動きにつながっています。

こうした脳と指先の関連付けによって、音楽に気持ちが乗り「ピアノで歌う」へと成長していきます。

特にR君はご自宅での練習習慣が身についており、生活の一部にピアノが存在している様子がわかります☺️。

みなさんも、お子様の様子をじっと観察して見てください。

お子様の中にピアノを感じる瞬間がきっと訪れます。


絶対音感、ピアノコンクール、小学校受験なら江東区 ピアノ教室 CRECERピアノ教室

​crecer.piano@gmail.com

 

(C)2018-2022 CRECER PIANO LESSONS. All rights reserved.